Top > 健康 > 40歳代くらいから太りやすくなる原因は?

40歳代くらいから太りやすくなる原因は?

人の体は、女性も男性も、40歳前後になると急激に衰えを感じるようになります。

特に「痩せにくくなって、脂肪が溜まるようになった・・・」「体型が崩れてきた・・・」「疲れやすくなった・・・」などと、感じる方が多いのではないでしょうか。

こうした肉体的な衰えは、40歳前後によくみられる特徴で、その原因は筋肉量の低下にあります。

40歳前後で太り始めてしまった方は、「若い頃と変わらない食事量なのに・・・」と思うでしょうが、筋肉量が低下したことで1日あたりの総消費エネルギーが減少しているために、食べ過ぎていなくてもエネルギーとして消費されなくなり、その余ったエネルギーが体脂肪として残るようになってしまうのです。

体内の中で筋肉は最も多くエネルギーを消費してくれる器官で、それが基礎代謝量というエネルギー消費になります。

基礎代謝は、人が生きて行くために最低限必要なエネルギー代謝のことで、心臓や内臓を働かせたり、呼吸をしたり、体温を保ったりなど生命を維持するため、いろいろなことに使われます。

これに対して、スポーツや仕事で体を動かしたり、いろいろな日常的作業などの運動で使われるエネルギーを活動代謝といいます。

そして、かなり運動量が多く活発的な方でも、基本的には活動代謝量より基礎代謝量のほうが多く、一般的には1日の総消費エネルギーのうち、60~70%を基礎代謝が占めます。

この基礎代謝は、寝ているときや何もしないでじっとしているときでも常に消費されているので、痩せるためには、とても都合のよいエネルギー代謝になります。

しかし、人の体は普段から、これといった運動を何もしていないと、30歳代後半くらいから筋肉は徐々に衰えて、40歳を過ぎた頃には、かなりの筋肉量が低下してしまいます。

すると、基礎代謝量も低下して、エネルギーがうまく消費されずに脂肪になりやすいという太りやすい体に変わってしまうわけです。http://dietotasuke.sblo.jp

こうした状態を解消するには、筋肉をしっかりと鍛えて筋肉量をアップすることです。

筋肉量が多ければ、痩せやすくなり、疲れにくくなり、また、筋力トレーニングで筋肉を刺激することで成長ホルモンが多く分泌されるようになり、美容にも効果的で若さを保つことができます。

 

 

健康

関連エントリー
新品の自動車に買い換える時現在まで使用アイメイクを薄くする40歳代くらいから太りやすくなる原因は?