Top > 注目 > 高換金率が抱える問題と実情

高換金率が抱える問題と実情

クレジットカードの現金化を考えるのであれば、換金率を気にしなければいけません。

いったいいくらぐらいが相場なのかというと、大体80%だと考えることができます。

いろいろと理由がありますが、キャッシュバック方式の場合には、クレジットカードの手数料が2%~5%かかるといわれており、人件費を入れた場合に90%を超えることは無理が出てくることがわかるでしょう。

買取方式の場合には、商品を再販売することを考えれば、2割程度の手数料がなければ、差益を引き出すことができないのです。

ですが、95%以上のクレジットカードの現金化ができるところもあったりします。

 

95%以上の換金率というところでは、非常に有利であることは確かです。

しかし、理由を考えればそれがいかに不可能なことかがわかるでしょう。

そういったところを売りにしているところは、後からトラブルになる可能性が高いということも覚えておきましょう。

 

ですが、自分で行えば、95%以上の換金率も実現できないわけではありません。

人気のある商品を金券ショップなどで買い取ってもらえば、こうした換金率になることがあるのです。

新幹線の乗車券が相当しますが、こうした回転の速い商品を見つけておくこともクレジットカードの現金化を考えるのであれば重要なポイントといえるでしょう。

そのためには、金券ショップの店頭などで、今いったい何が高額なのかを考えておくことが大切です。

何%割引といったことがかかれていることがありますので、チェックしておきましょう。

 

注目

関連エントリー
個人情報と言う建前個人情報と言う建前個人情報と言う建前個人情報と言う建前売り方が違えば情報を集める必要があるお風呂場をリフォームしたいですインプラント手術の未経験者にとって術中のインプラント手術の未経験者にとって術中の22世紀には膝下の永久脱毛はどうなっているのか?離婚を避けるために高換金率が抱える問題と実情妊婦にとって欠かせない栄養素が葉酸というものフラッシュモブに参加してみたいと思うので結婚式フラッシュモブの費用を調べると最近は季節に左右されず薄着のファ脱毛サロンをランキング付けしたサイトは数フラッシュモブプロポーズで実現したいサプライズ演出結婚式にフラッシュモブを考えてみた